もうすぐ1年営業マン奮闘記

交番トイレでライター、メタンガス引火?で爆発(読売新聞)

 5日午前0時15分頃、千葉県大多喜町猿稲、勝浦署大多喜幹部交番で、宿直勤務をしていた男性警部補(51)がトイレでライターの火を着けたところ、爆発が起き、天井3平方メートルを焼いた。

 警部補は顔と両手にやけどを負い、入院した。

 勝浦署の発表によると、警部補はトイレ内がガス臭いのに気づき、換気扇を回した。この後、ライターで火をつけたといい、警部補は「換気できたかを確認するためだった」と話しているという。

 爆発で床の排水溝から火柱が上がり、高さ2・5メートルに達した。爆発音を聞いた同僚が駆けつけ、消火した。

 同署は、交番のガス配管に異常がなく、排水溝から炎が上がったことなどから、地中からわき出たメタンガスが流れ込み、引火した可能性が強いとみている。

 交番のある一帯は、千葉県を中心とする「南関東ガス田」と呼ばれ国内有数の天然ガス湧出(ゆうしゅつ)地。ガス事業者が採掘し、家庭用などに供給している。

 交番から約40キロ離れた九十九里町立「いわし博物館」で2004年7月、天然ガスが引火して爆発し、職員2人が死傷する事故があった。

首相、朝鮮学校生徒との面会に意欲 高校無償化で(産経新聞)
「別れさせ屋」、探偵業法に基づき指導へ(読売新聞)
機構発足で年金増額ケース大幅減(産経新聞)
新潟市美術館 かびの次は虫、展示室でクモなど大発生(毎日新聞)
クロマグロの禁輸阻止へ全力=農水相(時事通信)
[PR]
by 2nisngzv77 | 2010-03-07 09:19
<< 火災 静岡・三島の老人ホーム、... 首相動静(2月26日)(時事通信) >>