もうすぐ1年営業マン奮闘記

入居者介護中に出火か=一時ストーブから離れる? −グループホーム火災・道警(時事通信)

 札幌市北区のグループホーム「みらいとんでん」で、入居する高齢者とみられる男女7人が焼死した火災で、当直の女性職員(24)が「出火当時は入居者のおむつを交換していた」などと話していることが15日、北海道警への取材で分かった。道警は、火元とみられるストーブが置かれた1階居間から、女性が一時的に離れていた可能性があるとみて調べている。
 また、女性が出火直後に消火器を使って火を消そうと試みていたことも判明。女性は消防への通報で「ストーブから出火したようだ。燃え広がって手に負えない」と説明しており、発見時にはすでに火の勢いが強かったとみられる。 

【関連ニュース】
高齢夫妻か2人死亡=旭川で民家火災
民家火災、焼け跡に2遺体=高齢夫婦か
民家火災で2人死亡=高齢夫婦か
乾燥機使用でタオルのオイル発火か=5人死傷の高齢者施設火災

「男は走りながらこちらを見た」 再現される凶行の様子(産経新聞)
ドラマ撮影現場でAKB48の小道具盗む 高校生ら3人逮捕(産経新聞)
阿久根市の3課長「市長命令」と議会委退席(読売新聞)
原爆症新たに1人認定=救済法成立後初の判決−名古屋高裁(時事通信)
バンダイナムコ、“コリラックマ”デザインのミニノートPCを発売
[PR]
by 2nisngzv77 | 2010-03-16 15:53
<< <潮風号>今季もスタート 北九... 「皆さんが合意できれば…」輿石... >>