もうすぐ1年営業マン奮闘記

<   2010年 03月 ( 15 )   > この月の画像一覧

リニア新幹線が長野県を迂回するという噂の真実度は?(産経新聞)

 JR東海が進めているリニア中央新幹線建設構想は、日本の未来を左右する壮大なプロジェクトと言ってもいい。実現すると、東京−大阪間は最短時間で67分となり、通勤圏となる。東海道新幹線は日本の政治、経済、社会などの面に大きな影響を与えたが、リニアがもたらす変化はその比ではない。だが、「オラが街に鉄道を! 新駅を!」といった地域エゴがまかり通れば、夢は粉々に砕けてしまいそうだ。エゴに嫌気が差したJR東海は、その主な“発信地”とされている長野県を迂回(うかい)するルートを選択してしまうかもしれない…。

 ■リニア新幹線は迷惑施設?

 「中間駅を地元で負担すべきだという議論は、これまでの高速交通体系の整備の中で全然なかった話ではないか。高速道路のインターチェンジは道路公団が負担してきた」

 「高速道路がインターチェンジなしに通るだけだったら、地元にとっては単なる迷惑施設ではないか」

 3月12日、長野県庁で記者会見した村井仁知事はルート上の地元に設けられるリニア新幹線の駅を建設するにあたっての費用について、JR東海が負担すべきだとの姿勢を変えず、地元自治体も応分の負担をすべきだという見解を語気を強めてはねつけた。

 リニア新幹線をめぐっては、この中間駅建設も問題の一つだが、最大の焦点はどのルートを選択するかだ。

 JR東海などが昨年12月にまとめた調査報告書は、リニア新幹線のルートについて(1)南アルプスをほぼ直線で貫通するルート(2)南アルプスを北に迂回する伊那谷ルート(3)さらに北に迂回する木曽谷ルートの3つの案を提示している。

 もちろん、JR東海は南アルプスルートを強く望んでいる。東京−大阪間で見た場合、最短時間は南アルプスルートが67分だが、木曽谷ルートは73分、伊那谷ルートは74分。一方、建設費は南アルプスルートが9兆300億円なのに対して、木曽谷ルートは9兆5700億円、伊那谷ルートは9兆6800億円となる。

 ■最短ルートに待ったをかけた長野県

 東京−大阪間をより速く移動でき、建設費も安く済むのなら、上場企業のJR東海が南アルプスルートを選ぶのは当然の成り行きといえる。だが、これに待ったをかけたのが長野県だ。

 平成元年6月に伊那谷ルート建設を求める決議をした長野県は南アルプスルートについては、単にJR東海が考えを表明したものであり、ルートや建設主体などはあくまでも国が決めるものという立場を取っている。

 JR東海は、地元がルート上に駅の建設を望んだ場合に設けられる中間駅について「1県1駅」としたい意向だが、長野県はリニア新幹線などの高速鉄道を対象とした全国新幹線鉄道整備法が「地域振興に資することを目的とする」としていることなどを挙げて県内に複数の駅を設置するよう求めている。

 当初、中間駅の建設費について地元が全額負担すべきとしていたJR東海は一部負担を検討するとの姿勢を見せ始めたが、地元との調整は難航するのは火を見るより明らか。JR東海と長野県の主張は大きく隔たっており、リニア新幹線は絵に描いたもちに終わりかねない恐れもある。

 「独断と偏見だ」との批判を受けるかもしれないが、ここではルート選択に関してJR東海の考えにくみしたい。もちろん、南アルプス直下を貫通する約20キロメートルのトンネルを安全に掘削できるという技術的な保証があるというのが前提だ。リニア新幹線が東京と大阪をいかに速く結びつけるかということから始まったことを考えれば、答えは自明なはずだ。

 ■リニアの開業時期ずれ込みも

 ところで、ここに来てJR東海はリニア新幹線の東京−名古屋間開業が目標としていた2025年よりも遅れる可能性があるとの見解を示し始めた。景気低迷で東海道新幹線の利用が落ち込み、資金計画を見直す必要が出てきたためだが、「開業時期がずれ込むこともあることを明らかにすることで長野県を揺さぶった」との見方も出ている。

 ただ、JR東海にとって頭が痛いのは、南アルプス、伊那谷、木曽谷の3ルートのいずれもが長野県内を通過すること。環境影響評価や土地収用には長野県の協力が不可欠で、JR東海が南アルプスルートを選択したいと思っても長野県が「われわれは、伊那谷ルートでなければ取り合わない」というにべもない返事をすれば建設は事実上、不可能。

 また、複数の中間駅の建設は「地域の振興や地域の結びつきを強めるという名目がまかり通って、各駅停車になってしまう」と、何のために最高時速500キロのリニア新幹線を通すのか訳が分からなくなるという懸念が噴出するのは極めて自然だといえる。

 ■第4のルートが浮上

 こうしたことからだろうか、長野県内を通過しないルートが最終的に浮上するのではないかという見方も浮上し始めている。現在の3つのルートは山梨県からそのまま長野県に入っているが、第4のルートは、山梨県から緩やかに南下して静岡県に入り、長野県境沿いを通って名古屋に至るもので、ルートは一切長野県にはかからない。

 地質的な問題をひとまず置いておくとすると、微修正は必要だろうが、このルートなら、地元から「3つのルートの中からどれを選ぶのか」と迫られることもない。

 もちろん、国土交通省の交通政策審議会鉄道部会が3月3日から南アルプス、伊那谷、木曽谷の3ルートをもとにリニア新幹線の整備計画について検討に入っており、第4のルートが簡単に俎上に載ることはないだろう。

 しかし、長野県がかたくなな態度をとり続けて、リニア新幹線構想が危うくなりかねないとなったら、状況打開策として一挙に注目を集めることになるかもしれない。(長野支局長・笠原健)

小林議員への辞職勧告決議案検討 自民大島幹事長(産経新聞)
首相官邸の「KYカップル」? (時事通信)
<覚せい剤>使用の元千葉県警警部補に有罪判決 東京地裁(毎日新聞)
<電話不通>東京の板橋区役所で12時間以上 機器の故障か(毎日新聞)
<講談社>「TOKYO1週間」「KASAI1週間」休刊へ(毎日新聞)
[PR]
by 2nisngzv77 | 2010-03-29 22:18

【from Editor】懐かしい音と言わないで(産経新聞)

 オタクの街となった大阪・日本橋に、高級オーディオを扱う店が今もある。そこの試聴室で、半世紀前に録音されたレコードを真空管アンプで聴く機会があった。

 巨匠ブルーノ・ワルターがコロンビア交響楽団を指揮したマーラーの交響曲第1番「巨人」。

 正直驚いた。針が盤に下ろされた途端、オーケストラが目の前に現れたのだ。大げさではない。目をつぶると、コンサートホールで聴くのと同じ位置からそれぞれの楽器の音が聞こえてくる。CDでは味わえない音像だ。

 「レコードを真空管アンプで、というと、新聞は決まって『温かく懐かしい音色』と書くんです。型通りの表現はやめてほしい。CDより生の音に近いのは明らかでしょ。日本の音響業界はずっとそれを隠してきた、いや、今や彼らもそれを知らないんです」

 この試聴会を催した店の経営者はそう嘆いた。確かに、新聞記事には型通りの表現が多い。事故を目撃した人は「顔を引きつらせる」し、祝賀会は「華やいだ雰囲気に包まれる」。

 が、その経営者の嘆きは、新聞記者の自戒など気にもとめず、デジタル化が進む音響業界に向けられている。彼によると、市販されている音楽ソフトの音質は、このレコードが録音された50年前が頂点で、その後はむしろ原音から遠ざかっている。再生装置も同様で特に日本では顕著だという。

 「耳ではなく技術に頼って音づくりをしたからです。最近、耳の肥えた欧米の愛好家は真空管でレコードを聞いています」

 今はCDが普及しているが、これから高音質オーディオもインターネットによる配信が主流になる。このまま移行すれば、消費者はますます本物を味わえなくなるというのだ。新聞業界がさらされている波とどこか似ている。

 望みはある。「巨人」をほえさせた真空管アンプは、大阪・高槻の小さな音響メーカー「A&M」の新作。同社の三浦篤社長は大手メーカーの営業の中枢にいたが、会社が真空管アンプ作りをやめると聞いて、それなら自分がやる、と25年前に同志とともに独立した人だ。10年ほど前に彼の職人かたぎのアンプ作りについてコラムを書いたが、その姿勢がいよいよ評価されるようになってきた。

 「デジタル配信は避けられない。だけどその前に一度、アナログ・ルネサンスを起こして原点に返らなければ」。来年、喜寿を迎える三浦社長の意気は軒高だ。(大阪文化部長 真鍋秀典)

<電子書籍>出版31社が協会設立 研究や情報収集行う(毎日新聞)
開星高教師、センバツ敗退の日に逮捕…女子トイレに侵入(スポーツ報知)
マンション入り口に男性遺体=腹に傷、殺人事件で捜査−大阪府警(時事通信)
東京で桜が開花 平年より6日早く(産経新聞)
普天間移設、政府2案を与党・沖縄県に提示(読売新聞)
[PR]
by 2nisngzv77 | 2010-03-27 14:55

漫画の性描写規制、継続審査に=条例改正は見送り−都議会(時事通信)

 漫画やアニメでの子供に関する性描写を規制する東京都の青少年健全育成条例改正案について、都議会総務委員会は19日、継続審査とすることを全会一致で決めた。同条例改正案の今議会での成立は見送られることになった。
 最大会派の民主党のほか、共産党、生活者ネットワーク・みらいが「改正内容には多くの課題があり、慎重な審議を行うべきだ」(民主)などとして、継続審査を求めた。条例改正案の早期成立を求める自民、公明両党も「改正を円滑に進めるためにはやむを得ない」(自民)などとして歩み寄った。
 継続審査は30日に予定される本会議で報告され、了承される見通し。 

【関連ニュース】
ネット証券がFXてこ入れ=顧客流入見込み手数料下げなど
ネット関連初の業界団体=政策提言、白書発行など実施へ
カブドットコム、FXの基準スプレッドを縮小=大手ネット証券では最低水準に
タミフル違法広告、4日に逮捕=輸入代行業者ら6人、ネットで宣伝
信頼度高いのはNHKと新聞=メディアに関する世論調査

出資法違反「女相場師」に実刑=高配当うたい主婦ら被害−大阪地裁(時事通信)
チーム医療推進へ「特定看護師」創設を―厚労省検討会が報告書案(医療介護CBニュース)
<火災>事業所が全焼、焼け跡から遺体 2人負傷 埼玉(毎日新聞)
<新潟市長>自ら減給処分 美術館かび・クモ問題(毎日新聞)
<参院選>香川選挙区に岡内氏 民主と社民が共同推薦(毎日新聞)
[PR]
by 2nisngzv77 | 2010-03-26 02:52

未公開株上場話で詐取容疑=被害3億か、投資会社社長逮捕−沖縄県警(時事通信)

 未公開株上場のもうけ話を持ち掛け、株を渡さず現金をだまし取ったとして、沖縄県警与那原署は21日、詐欺容疑で、同県南城市佐敷佐敷の投資会社社長白上敏広容疑者(58)を逮捕した。「株の売買はした」と話し、容疑を否認しているという。
 被害は県内外約30人で総額計約3億円に上るとみられ、同署が詳しく調べている。
 逮捕容疑は2002年4月8日、那覇市内のホテルで、県内の私立大教授(67)に、都内のベンチャー企業の株上場話を持ち掛け、株を渡さず現金約1200万円をだまし取った疑い。 

【関連ニュース】
工藤会会長宅など捜索=暴追運動住民宅銃撃
元家裁書記官に懲役15年求刑=判決文偽造、預金詐取
私学補助金4分の1に=投資詐欺事件で減額
元学校事務職員ら逮捕=架空請求、45万円詐取容疑
就職資金融資悪用、175万円詐取=容疑で男4人を逮捕

近くの人がAED、効果明確=社会復帰率は2倍−不整脈患者で調査・京都大チーム(時事通信)
文化財保護法違反 死んだ雌ジカ 妊娠していたと判明(毎日新聞)
もんじゅ再開「月内こだわらず」=福井県知事に協力要請−文科副大臣(時事通信)
<三崎事件>証拠品付着の血液、DNA鑑定へ…再審請求中(毎日新聞)
「消えた年金」回復ペース落ちる=ベテラン減り効率悪化−日本年金機構(時事通信)
[PR]
by 2nisngzv77 | 2010-03-23 21:44

鶴岡八幡宮 「無事に育って」…移植の大銀杏を一般公開(毎日新聞)

 神奈川県鎌倉市の鶴岡八幡宮(吉田茂穂宮司)で18日、強風で倒れた大銀杏(おおいちょう)が一般公開された。午前6時の開門とともに参拝者が訪れ、樹齢1000年とされる神木の再生を祈った。

【写真付き関連記事】鶴岡八幡宮:大銀杏を植え直し 幹を切断、根の再生に期待

 大銀杏は高さ約30メートル、幹回り約6.8メートル。かつて源実朝を暗殺した公暁が潜んでいた「隠れ銀杏」と伝えられる。本殿に向かう大石段の脇に立っていたが、雪交じりの強風で10日朝、根元付近が折れて倒れた。

 八幡宮は、根からひこばえ(幼木)が芽吹くのを待つとともに、残った根の脇に幹の下部(約3.6メートル)を植え付け、幹が根付く可能性に期待。17日に植え付けが終了した。

 参拝に訪れた同市雪ノ下1、喫茶店経営の木村輝章さん(67)、ヒロ子さん(64)夫妻は「倒れた日は眠れなかった。移植したイチョウも新しいひこばえも、無事に育ってほしい」と話した。【吉野正浩】

【関連ニュース】
【写真付き関連記事】鶴岡八幡宮:大銀杏の植え付け作業終わる
鶴岡八幡宮:大銀杏倒壊 専門家「90%再生できる」 /神奈川
鶴岡八幡宮:大銀杏倒壊 再生へ3者検討組織を−−県教委・鎌倉市など /神奈川
鶴岡八幡宮:衝撃、大銀杏倒壊 吉田宮司、涙ながらに「つらい…」 /神奈川
鶴岡八幡宮:大銀杏倒れる…樹齢千年、実朝暗殺の舞台

ブログ市長を「専制君主」と痛烈批判 中田氏(産経新聞)
クロマグロ禁輸反対で韓国と協調=農水副大臣(時事通信)
サリン事件風化させるな=地下鉄駅でテロ対策訓練−発生15年・東京消防庁など(時事通信)
鳩山首相、09年分の贈与税3470万円納付(読売新聞)
パナソニック、ストラーダチュー ン搭載のAV一体型ナビ3機種を発表
[PR]
by 2nisngzv77 | 2010-03-19 13:08

<潮風号>今季もスタート 北九州・門司港(毎日新聞)

 門司港レトロ観光列車「潮風号」(定員100人)が13日、北九州市門司区の門司港レトロ地区で今シーズンの運行を開始した。午前10時、JR門司港駅近くの九州鉄道記念館駅を出発した。

 運行は2年目。海峡を臨む2.1キロを約10分かけて走る。今年から終点の「関門海峡めかり駅」周辺に新たな観光スポットもオープン。国内最大級のたこ型滑り台がある芝生広場▽運送会社の車庫を利用した市場▽展示列車を利用したカフェ−−がある。

 運行は11月28日までの土日祝日。春・夏休み期間やゴールデンウイークは毎日運行する。【長谷川容子】

【関連ニュース】
門司港レトロ観光列車:終点に新観光スポット /福岡
めかり潮風市場:地産地消“食”スポット、13日にオープン /福岡
きのうの夕刊から:JR門司港駅の駅舎に亀裂
話題:お座敷文化も復活を/佐賀・嬉野から芸者衆/門司港
北九州・門司港駅:老朽の駅舎、改修を シロアリ被害や腐食、JR九州など協議

容疑者の菓子盗み食い、巡査を減給処分(読売新聞)
東京入港のシー・シェパード元船長を逮捕…海保(読売新聞)
トキ 2次放鳥の雄と雌が「疑交尾」 繁殖に期待高まる(毎日新聞)
<盗撮容疑>スカート内にデジカメ 巡査を逮捕 神奈川県警(毎日新聞)
<神戸ポートタワー>新装鮮やか 2カ月ぶり再開へ(毎日新聞)
[PR]
by 2nisngzv77 | 2010-03-17 23:15

入居者介護中に出火か=一時ストーブから離れる? −グループホーム火災・道警(時事通信)

 札幌市北区のグループホーム「みらいとんでん」で、入居する高齢者とみられる男女7人が焼死した火災で、当直の女性職員(24)が「出火当時は入居者のおむつを交換していた」などと話していることが15日、北海道警への取材で分かった。道警は、火元とみられるストーブが置かれた1階居間から、女性が一時的に離れていた可能性があるとみて調べている。
 また、女性が出火直後に消火器を使って火を消そうと試みていたことも判明。女性は消防への通報で「ストーブから出火したようだ。燃え広がって手に負えない」と説明しており、発見時にはすでに火の勢いが強かったとみられる。 

【関連ニュース】
高齢夫妻か2人死亡=旭川で民家火災
民家火災、焼け跡に2遺体=高齢夫婦か
民家火災で2人死亡=高齢夫婦か
乾燥機使用でタオルのオイル発火か=5人死傷の高齢者施設火災

「男は走りながらこちらを見た」 再現される凶行の様子(産経新聞)
ドラマ撮影現場でAKB48の小道具盗む 高校生ら3人逮捕(産経新聞)
阿久根市の3課長「市長命令」と議会委退席(読売新聞)
原爆症新たに1人認定=救済法成立後初の判決−名古屋高裁(時事通信)
バンダイナムコ、“コリラックマ”デザインのミニノートPCを発売
[PR]
by 2nisngzv77 | 2010-03-16 15:53

「皆さんが合意できれば…」輿石氏が公立校教職員への罰則導入を容認(産経新聞)

 民主党の輿石東参院議員会長は4日の記者会見で、公立学校教職員による選挙運動など政治的行為の制限を定めた教育公務員特例法への罰則規定盛り込みについて、「皆さんがそういう方向で合意できれば、それでいい」と述べた。

 罰則規定は、北海道教職員組合(北教組)幹部による政治資金規正法違反事件を受け、鳩山由紀夫首相が川端達夫文部科学相に検討させる考えを示している。輿石氏は北教組の上部団体である日本教職員組合の政治団体「日本民主教育政治連盟」の会長を務めている。

【関連記事】
政治とカネ 「疑惑まみれ」正すが先決
民主党連合系の衆院議員16人、労組関連株を所有
北教組・日高支部が「国旗国歌排除マニュアル」
外国人地方参政権 亀井氏「法案提出なら連立解消」
道教委教育長、北教組政治活動の早期の実態把握実施

首相動静(3月3日)(時事通信)
<自民党>栃木でネット投票 参院予備選(毎日新聞)
毎日俳句大賞 隗一骨さんらが出席し表彰式(毎日新聞)
「歴史的使命感で判断を」=小沢氏に自発的辞任求める−前原氏(時事通信)
Wポスト 「社説に誤認ない」 9・11見解 藤田議員へ反論(産経新聞)
[PR]
by 2nisngzv77 | 2010-03-11 20:50

外国人参政権、調整に努力=鳩山首相(時事通信)

 鳩山由紀夫首相は3日夕、国民新党の亀井静香代表が、永住外国人に地方参政権を付与する法案を政府が提出する場合は連立政権から離脱すると言及したことについて、首相官邸で記者団に「あのような発言があるということは、なかなか厳しい。与党の中の調整ができるかどうかを真剣に検討していきたい」と述べ、引き続き与党内の調整に努める考えを示した。 

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件〜「小沢氏、幹事長を辞任すべき」72.5%〜
【特集】話題騒然 ファーストレディー
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜

<北教組事件>小林議員が陳謝 会計責任者など4人逮捕で(毎日新聞)
<1票の格差>東京高裁判決で原告が上告(毎日新聞)
1人区勝利に自信=小沢民主幹事長(時事通信)
<就活>超氷河期は支援会社頼み 費用高いが、学生惜しまず(毎日新聞)
飛行機の魅力、元整備士のボランティアらが案内(読売新聞)
[PR]
by 2nisngzv77 | 2010-03-10 10:09

火災 静岡・三島の老人ホーム、焼け跡から1遺体(毎日新聞)

 7日午後11時20分ごろ、静岡県三島市川原ケ谷の有料老人ホーム「サンリッチ三島」(10階建て)の1階個室(約54平方メートル)から出火。この部屋が全焼し、焼け跡から1人の遺体が見つかった。この部屋に1人で住んでいる入居者の渡辺文江さん(90)と連絡が取れなくなっていて、県警三島署は遺体は渡辺さんの可能性が高いとみて調べている。他に入居者3人が煙を吸うなどして軽傷という。

 同署などによると、施設には当時、入居者約130人と職員4人がいた。隣室への延焼はなかった。

 施設側の説明によると、1階には個室が17室あり、煙を吸った3人は渡辺さんの部屋の近くの個室で寝ていたという。同署などが出火原因を調べている。【田口雅士、平林由梨】

【関連ニュース】
群馬4人死亡:拳銃使い心中・放火か…石材業者、負債1億
群馬4人死亡火災:焼け跡から拳銃発見 2人に撃たれた跡
三菱化学火災:2人を業過致死罪で略式起訴 水戸区検
火災:住宅全焼 家族4人が死亡か 群馬・伊勢崎
宮城アパート火災:重体の2歳長男も死亡

「普天間」重大局面なのに… 内輪もめの社民(産経新聞)
<囲碁>早碁の阿含・桐山杯、プロの18勝8敗に(毎日新聞)
殺人容疑などで少年再逮捕=共犯の少年も−宮城・石巻3人殺傷(時事通信)
2カ月の次男に重傷負わせ逮捕=「泣きやまず腹立った」−埼玉県警(時事通信)
母親の遺体を放置容疑「年金欲しくて」(読売新聞)
[PR]
by 2nisngzv77 | 2010-03-08 23:08